私立推薦の子は置いていかれないように努力を続けること

塾長の思い

今日ですね。

愛知県の私立高校の推薦入試。

もう終わって帰ってるでしょうか。

 

うちには私立推薦の子はいませんので、今年の塾生向けではない内容です。

 

 

結論から言います。

 

推薦入試が終わっても勉強を続けないと高校に入ってから痛い目にあうよ。

 

当然です。

前にも記事にしたことがあるので、詳細はこちらを。

推薦入試と一般入試
夏休みに入ると、一気に増える学校公開、学校説明会、学校見学会。言い方は違えど、高校側からすれば、中学生に高校の様子を知ってもらい、ぜひ入学してくださいね、というアピールの場。中学生からすれば、何も知らないまま受験するのではなく、ある程度知...
私立高校の入試について
そろそろ私立高校をどうするか決めなければならない時期。 なので私立高校の入試制度について書きます。 ちょっと真面目に。 以前にも同じような記事は書いてありますのでもう知っとるわい、という方はスルーしていただいて構いません。...

そもそも入る前段階で学力の差がある可能性があるってこと。

しかも、一般入試で入ってくる子たちは、公立入試まで必死に勉強してきてるはずなんだ。

最後の最後まで頑張って、それでも公立が不合格になって入ってくるんだよ。

今からまだ1カ月以上あるんだ。

その間自分が勉強しなかったらどうなる?

もちろん高校からの宿題は出るだろうさ。

でもそれだけでいいの?

必死になってもそれだけしかできない?

周りは必死だよ?

推薦で合格した子同士で遊んでる場合じゃないよ。

4月、スタートした段階で落ちぶれる可能性だってあるんだ。

そうならないように頑張らないと。

だって高校は入ることが目標ではないはずなんだもん。

その先、ずっと遠くに本来の目標はあるべきはずで。

それに向けて努力はし続けないと。

置いてかれるよ。

タイトルとURLをコピーしました